背景練習その2

haikeirensyudayo

デパートカタログをもとに作図中

カーテンレールと家具は自作モデル
家具に面取り加工をするとけっこうくっきりとでるみたいです

クリスタで モデルを配置するとき 別れいやに
パースにそったガイドラインをひいておくと 配置しやすいみたいです

ちょっと脱線

クリスタで背景を描く練習をしてました
3Dの使い方もわかってきました

hyaikie
マトリョーシカと本、机は自作モデル
room111

 

またベビイができました(水木さん風)
無理のかからないように ゆっくり作業していこうと思います

 

mobu

モブの描き込みが時間がかかる~

飛行を描く&ポーズ集のはなし

hikou

hikou2

三点透視で グリッド線をひいたあと 別レイヤでフリーハンドで岩を描いていく
建物モデルはパースをあわせにくいので あたりに使って 定規ツールをつかって 描画

 

 

マール社の古いポーズ集は モデルに筋肉がついてないので アメコミ用の方がいいと思われ

これを持っているけど 全然つかわない


これも昔買ったけど 画面が小さすぎ 今日び動画を見た方がいいとか
アニメ作る人なら使えるのかも?

新しいのも出ているとか

決闘についての本

オックスフォードは週末にマーケットがひらかれ 骨董品などのガラクタ市をのぞくと楽しいのであります
古本屋台で買ってみました(キンドルでも出ているみたいです)
中世の騎士の一騎打ちからはじまり レイピア、フェイシング、拳銃と 決闘の道具は移り変わっていったようです

オックスフォードにある出版社でイギリスの歴史漫画を描きたい人にはおすすめかもしれません
http://www.shirebooks.co.uk/


ビクトリア朝の歯医者事情がわかる・・

ペン入れ動画

八倍速です トライエラー多いな・・・
本当は鼻を描き込みたいけど さいきんは簡略化している画風が主流なので 
どうしようかという葛藤が多々みられる


目は削りブラシを使ってるんです

sam
仕上げもキャプチャしようと思いきや 録画ボタンを押すのを忘れました

インティオスのペンタブレットが届いたの巻

やっと インティオスのペンタブレットがとどきました

新しいものにかえてみると 精度がやはり2004年のFAVOよりいいです ロケットペンから 製図用シャーペンになったような書き味です


アナログでずっと使っているのはこれです 昔設計士の家族にもらって以来愛用しています
日本より割高ですが UKのアマゾンでも買えます
画材屋でこっちの10ポンドくらいの製図シャーペンを買うよりずっと書き味がいいです

hyoushihai
で、カラー表紙デザインをちょっとずつやろうかと
(二回ほど クリスタとフォトショで描いてみたけど大失敗して バストアップ厚塗りはやめることにしました)
aiai

kissing
慣れるのにしばらくかかりそう

人体デッサンの本など

c3f7b880fb51da8252d893ff5d9a3552

これはMANGAワークショップに使っている教材です  ローティーンはデッサンとか気にしないでのびのび描いて
ほしいというのが基本ですが 五頭身とか自分の普段描いている頭身とあえてはずすと結構むずかしいです

本棚にある本

解剖学の解説本 骨や筋肉について細かくかいてあるのでべんりです

この本がやさしいかどうかについては諸説あるところですが

歩行動作や スーツ スカートの描き方がかいてあるところがためになりました