呑酸/イミテーションゲーム

naonnnai

ちょっと食べすぎるとアウトなのだった

こないだ購入
関係者の証言を再現するような感じで 天才科学者チューリングの一生が描かれる
大戦後 チューリングはマンチェスターで同性愛の罪で逮捕され、地元紙で写真付きでさらし者にされ、ホルモン治療を受けさせられることになる
当時女性ホルモンを投与するとゲイが治ると主張した科学者がいたせいで、そういう処分が行われたのである
チューリングも女性化乳房に悩まされたそうな

ロンドンの中心部には 実際に爆弾を仕掛けられ死人がでたゲイバーがある
その店だけではなく繁華街のパブはガードマンが入り口にいることが多いけれど、
そこまでの一面でのゲイヘイトというのはアジアではあまりないのではないだろうか

前住んでいた街では 数十年前 集団でゲイ男性をリンチ殺人した若者がその後、救急隊のいいポストに
ついていたというミステリ小説のようなスキャンダルがあったりした。

数年前、当時の首相ブラウンによるチューリングの名誉回復は色々な政府への働きかけや運動があったそうである。