電子書籍化作業 パッチ様に仕事させる

フォトショのパッチ様にファイル出力の仕事をやってもらいます

あんまり複雑なアクションを命令すると ソフトがフリーズしたりしやがりますので、
三回に分けてアクションのセットを作ります

ファイルを統合して、サイズを縦2000ピクセルにする(縦横比そのまま)

全体選択して絵を110%拡大する
(生きて虜囚~は外枠の空白がおおかったのでこうしました。コミスタ出力時に選択範囲を指定してもいいんですが
めんどうなんです)

PSDファイルをjpgに変換する
(大きい文字レイヤーいりPSDファイルに上書きしないよう、フォルダを分けたりファイル名をリネームしてもいいです)

この後、jpgファイルのナンバリングを一話からの連番になおして完成です

パッチ様は単純作業だけど人間には面倒な仕事が得意です。

電子書籍の校正方法

原稿のペン線のはみ出しなどは、モニタで描画ソフトを開いただけだと非常に見落としやすいです。

印刷して赤を入れていくのが一番いいのですが、200枚近いと紙代とインク代が
勿体ないので、jpgの原稿ファイルをまとめてPDF化します。
pdfnisuruyyo
フリーソフトでこんな感じでPDF化
 
pdfファイルをタブレットで開いて読みながら、ノートなどに修正箇所をメモします。
章ごとにメモをみながら修正作業を行うと、作業が分断してもミスが少なくなります。

誤字チェックだと第三者にチェックしてもらう方がいいのでしょうが。。

電書化作業

電書化作業を 解説したり配信したりすると役立つかなと思うんですが
体力に余裕がないので ちょっと今は無理そうです。

痛みは峠をこしたかなという感じです まだ顎の痛みの原因がわからないのが
やや気がかりですが。

やれやれ

体力的にまだまだしんどいですが 日常がかえってきそうです


育児漫画描く気はありませんが 読むのはすきなんでいっぱい買っているんですよ

膣を通過して生めなかっただの、無痛がチートみたいで後ろめたいだの
沢山の人の努力で周産期死亡率が非常に低い日本で生まれてよかったですねと

日本が、赤さんが衛生的な水がなくて死亡とか 抗生物質一本なくて死亡とか 海で難民ボートから
投げ出されて死亡とか しない国でよかったですね。

産後うつ対策にイギリスでは 退院がはやいかわりに 助産師の自宅訪問による
モニタリングが義務付けられているそうです  これは公共医療機関だからできることでしょうね
私は産後うつが周囲にさんざん心配されていたんですが いろんなことのショックで 
去年の春の流産以降のうつが逆に治りました。 これから、もっといい絵が描ける自信があります。