夜這いの民俗学・夜這いの性愛論


いかにも自分で読んでそうで、実は最近になってキンドルで読んだ本
イデオロギー的な部分はどうでもいいんですが

自分の生まれた山間部の田舎の村は 奈良時代から遺跡の出土があるんですが、
遺伝的な病気が多いんですよ いとこ婚などが多かったせいじゃないかと思っているんですが
文中 子供の父親についてあまり追及しなかったというのは 古代の母系通い婚の
名残なのかも・・・