渋谷のハチ公像の台座

渋谷に行ったことはありますが ハチ公本物みたことない・・・
写真などをみると回りの建造物やタイルがなかなか複雑・・・

台座を六角大王でタイルをテクスチャで貼っておく

クリスタで取り込んだ時 参照全てのレイヤーのバケツ塗で簡単にタイル描画できます

1アングルから見た絵より 立体のほうが汎用性が高いんですよね 

染殿の后の話

今昔物語の逸話では 帝の后に高僧が懸想して鬼と化し狼藉を尽くし、帝もどうともできなかった
というんですが、この話のオチがないところがすごい気になります
誰も退治とかできないんならどうしたんだか? 
オチがないということに意味があるんじゃないだろうか?

検索していたら 染殿の后の躁病説があって論文もお金出して読んでみました
(1Pだからサンプルで全部読めるんですけどね。。。。)
色々 悪行の逸話のある陽成天皇(染殿の后の孫にあたる)は80歳まで長生きしているんですね
染殿の后も72歳まで 平安時代のメンタルヘルスについて考えていたんですが、
例えば彼らにメンタルの病気があったとして、寿命にまで影響を与えなかったんでしょうかね?
当時の日本で最も生活が庇護される立場にあったからでしょうかね?
興味は尽きないんですが、フィクションでは無視して怪異を描きますボヨヨン。


こういう本も頼んでみました

畳素材


頭がぼんやりしてまとまらないので 畳素材でも描いてみることにしました
フリーハンドで写経みたいですね


グリッドにそって線を引いているんですが 腕がプルプルします


途中でペン設定をかえたら目立つので引き直し・・

できたのでCLIPに公開しました
https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1708481 

百目鬼恭三郎 奇談の時代

ネタ探しに 昔京都で買った本を紐解いてみました
百目鬼恭三郎の伝説の書評ディスバトルはさておき、この本はとてもおもしろいです
読んでいて 水木さん版 今昔物語でも採用されていた染殿の后の話を思い出しました


よく図書館の子供コーナーにあるけど 内容が実に下品(週刊実話版鬼太郎なみ)と評判の一冊

あと 陽成天皇に下法の術を教えた武士の話が出てくるんですが
陰茎をつけ外しする術 これは山田風太郎の忍者 枯葉塔九郎の元ネタっぽいですね


信玄忍法帖などもそうですが 今昔物語からの着想された忍術がいくつかあるみたいですね

小ページ

KDPの読み放題の動向をチェックしたいというのが今回のキンドル短編の主目的です
読まれたページ数に応じて基金から割り当て金がでるというんですが
最後まで読んでもらうというのを前提として 20pと200pだと後者のほうが
読み放題では利益がいいかもしれませんね
あと、分冊というのも考えたんですが、読み放題は個人の配信ではキンドル専売限定なんですね
(ブログなどに無料公開でもNG 三か月ごとに契約更新)
あと、数日無料公開する権利というのがありますが、他の作品出した時に一緒にキャンペーン
するといいんじゃないかとか

とりあえずの目標

僕はセックスが苦手だのシリーズをあと100枚描く
なにか日本古典もので他にも描く?

まずはノートとペンだけ持ってネタ出しです

謎のテレクラから超展開する話を考えています

KDPで出してみました

上はアフィリエイトリンクです 
キンドルコミッククリエイターじゃないと 漫画形式の右開き構成にできなかった。。。
慌てて修正したりしました 数日ごくマイナーなファイル更新があったりしますが
ご了承ください・・・

キンドル読み放題プランでも読むことができます

  • https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kusf
  • 自分は読み放題利用者としては月数十冊読むので月千円で十分ペイしてるとおもいます

    kdpの価格設定はどうか

    KDPで ロイヤルティ35%の場合最低価格100円
    ロイヤルティ75%の場合価格250円が最小のようです

    今回22pなので 100円にするつもりです
    同人誌だと22p+2p(背表紙裏表分)で表紙カラー オフセット印刷の場合
    300円くらいが普通でしょうか
    これで薄い本価格と電書価格が一緒だと個人的に高いと思いますねー


    校正用PDFはバージョン5まで作りました

    さよならみゃー

    実家のアメショみゃー推定15歳が今日死にました
    どれだけの癒しをあたえてくれたでしょう みゃー、ありがとう

    漫画はあと仕上げなんですが 矢筒の考証でつまっています
    どうやって装着したのかというところが気になって・・・