無限の網―草間彌生自伝


昔から草間彌生の版画が一枚家にあって 一度査定してもらったらけっこうな額になっているらしい。
面白かった。確かにアメリカに行くよりほかになかっただろうなあ。
パラノイアみたいにほもほもほもほもでてくるので、この人も腐女子のカテゴリにはいるんだろうか。
病気で病院に暮らしていたことなどは全然詳しく書いてないので、後世のために記録を残してほしい。